カラミざかり 4話ネタバレ おっぱい…さわって…

投稿日:

カラミざかり7

 

「ゴ…ゴム…」

吉野は、勃○したチ○ポを露出したままコ○ド○ムを取りに一旦ベッドを降りる。

コ○ド○ムを装着している間、両足を開きマ○コを出してチ○ポの挿入を待っている新山。

「あたし…初めてだから…」

まだ処○の新山は初めてのセッ○スに緊張していた。

それは童○の吉野も同じだった。

ゆっくりと挿入し、カラミ合いながらセッ○スを初めていく。

「んっ…」

「あ…っ」

友達2人のセッ○スを黙ったまま立ち尽くして見ている山岸と飯田。

更に、吉野の荒い声と新山の喘ぎ声が漏れ聞こえてくると自分達の下半身もムズムズしてくる。

徐々に濡れまくっていくマ○コに、挿れる腰の動きは激しくなる。

そして舌を絡め合うキス、吉野と新山のセッ○スは次第に過激になっていき気持ち良すぎてもう出そうだ。

「あーやべっ…出るっ…」

「うっ…」

射○した吉野は我にかえると…

立ち尽くして見ている山岸と飯田に目線を向ける。

 

カラミざかり48

 

吉野は裸のまま立ち上がり、2人の手首を掴んでベッドの上に倒れ込ませた。

山岸はまだ裸でいた新山の上に覆いかぶさるように、飯田は吉野の上に覆いかぶさるように倒れ込んだ。

突然の吉野の行動に動揺する山岸。

だが、すでに吉野は飯田の首筋にキスし始めていた。

その光景に驚いていると、新山が強引にキスしてきた。

ーこれが…キス…ー

初めてのキスで感じた唇の柔らかさ。

山岸が何気に真横に目を向けると、吉野と飯田は舌を絡ませるキスをしていた。

飯田は全く抵抗することなく、すでに濡れているマ○コをいじらせている。

「すっげーぬるぬる」

そんな飯田の姿に目を向けていると、新山が言ってきた。

「あたしらも、しよーよ」

新山は自らキスをしてきておっぱいを触らせる。

山岸は新山にリードされているうちに勃○していた。

 

カラミざかり2

 

ズボンのファスナーに手をかけてきて…

 

-カラミざかり

Copyright© カラミざかり~ネタバレと無料エロ画像!思わずハマる漫画! , 2019 All Rights Reserved.